[ADOS] ADOS Developer's Site - XML Stadium
ADOS Company slogan - XML Total Solution

【SiteArc Tips】



WebページからSiteArcセッションを起動する

SiteArcを起動したいWebページのフォームの中に、起動用のボタンを入れます。

	<input type="button" value="シナリオ起動" onClick="Start_SiteArc()">

ボタンがクリックされたときに実行される、JavaScript関数を用意し、Webページに直接入れるか、別ファイルとしてWebページから参照します。

例:セッションファイル scenario1.rec を起動する関数

function Start_SiteArc() {

	var win = window.open("about:blank", "SiteArc");
	win.location.href = "http://sitearc.task/?session=scenario1";

}

IEのメニューバーやツールバーを表示させない

	var winStyle = 
		"left=10,top=10,width=500,height=300,menubar=no,toolbar=no,resizable=yes";

	var win = window.open("about:blank", "SiteArc", winStyle);
	win.location.href = "http://sitearc.task/?session=scenario1";

他のWebサイトへ行って戻るWebサイト間情報連携

WebサイトA(出発地)から、別のWebサイトBへジャンプして情報を引き渡し、WebサイトB内の処理を行い、取得した情報をWebサイトA(出発地)に戻す方法です。
(基幹業務ソリューションの実績もありますので、詳しくは prdept@a-dos.com までお問い合わせください)

WebサイトA(CGI、JSP、ASPなどのWebアプリケーションを想定)
	フォームに情報入力
	 ↓
	送信ボタンクリック
	 ↓
	ページにバンドルされたJavaScriptを起動
		・引渡し情報をレジストリに書き込む
		・SiteArcセッションを別ウィンドウに起動
		・WebサイトBの処理終了を監視

WebサイトB(SiteArcセッションで自動実行)
	・レジストリの引渡し情報を基に、自動実行処理
	・Webページから情報を取得してレジストリやファイルに書き込む
	・処理終了情報をレジストリに書き込む

WebサイトA
	WebサイトBの処理終了を監視
	 ↓
	処理終了時に、レジストリやファイルからWebサイトBの戻り情報を取得
	 ↓
	Webページに表示する

自動実行だけでなく、ユーザの手動操作の監視もしたい場合

IEをWebブラウザオブジェクトとしてスクリプトから生成
↓
生成したIEオブジェクトにSiteArcセッションを起動して自動実行
↓
自動実行終了後、手動操作の監視に切り替え
↓
ユーザの手動操作を監視し、情報の保管や他システム連携を行う

上記のような流れになります。
(基幹業務ソリューションの実績もありますので、詳しくは prdept@a-dos.com までお問い合わせください)

ウィンドウにフレームがある場合、すべてのフレームを処理する

雛形となるスクリプト(外部jsファイルに記述する場合)

if (document.frames.length > 0) {
	for (var n = 0; n < document.frames.length; n++) {
		alert("!!! frames(" + n + ") !!!");
		alert(document.frames(n).document.body.innerHTML);
	}
}

セッションファイルに直接記述する場合は、「<」をエスケープする

<script>
 if (document.frames.length > 0) {
	for (var n = 0; n &lt; document.frames.length; n++) {
		alert("!!! frames(" + n + ") !!!");
		alert(document.frames(n).document.body.innerHTML);
	}
 }
</script>

SiteArc を、ウィンドウ(IE)を非表示にして実行する

利用者に余計な操作をさせないために、Internet Explorerを非表示のまま起動して実行したい場合があります。

その要求は、WSH(Windows Scripting Host)からSiteArcを起動することによって実現できます。
以下は、IEを非表示にしてSiteArcセッション sales.rec を実行するためのVBScriptです。

invisible.vbs

Dim IE, IsTerminated

IsTerminated = False

Set IE = WScript.CreateObject("InternetExplorer.Application", "IE_")

IE.Visible = False
IE.Navigate "http://sitearc.task/?session=sales"

Do While(Not IsTerminated)
	WScript.Sleep 1000
Loop

Sub IE_OnQuit()
	IsTerminated = True
End Sub

invisible.vbsのダブルクリック、またはコマンドラインから実行できます。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 08 Jun 2008 10:44:37 JST (4173d)

Copyright 2005-2008. ADOS Co., Ltd. All Rights Reserved.