[ADOS] ADOS Developer's Site - XML Stadium
ADOS Company slogan - XML Total Solution

【Xalanを利用したXSLT変換の実行】

(2005/04/27 溝口@アドス)

目次


概要

Xalan-JavaはApache XML プロジェクトで開発された、オープンソースのXSLTプロセッサです。JavaプログラムのAPIを持つほか、コマンドラインで起動し、XSLT変換を実行できます。ここでは、コマンドラインでの実行方法を解説します。

Xalan-Javaの実行にはJDK or JRE 1.2.2、1.3.x、1.4.x 相当が必要です。

ここでは、Xalan-Java 2.6.0 / J2SE 1.4.2_08 / Windows2000 の環境を例に説明します。


Xalan-Javaのダウンロードとインストール

Xalan-Javaプロジェクトのページは下記URLです。

http://xml.apache.org/xalan-j/

m1.gif

このページからダウンロードページのミラーサイトを辿ることができます。(ショートカット) (他のミラーサイトの一覧

m2.gif

ミラーサイトから、xalan-j-current-bin.zip または xalan-j-current-bin.tar.gz をダウンロードします。このアーカイブには xalan.jar ファイルが含まれています。 xalan.jar ファイルを適当なフォルダへコピーします。ここで、このフォルダを{XALAN_HOME}とします。


XSLTファイルとソースファイルの用意

XSLTファイルを適当なフォルダへコピーします。ここで、XSLTファイルのパスを{XSLT_PATH}とします。(サンプル:filesample.xsl

ソースファイルを適当なフォルダへコピーします。ここで、ソースファイルのパスを{SRC_PATH}とします。(サンプル:filesample.xml


XSLT変換の実行

以下のフォーマットでコマンドを実行します。ここで、{OUT_PATH}を出力ファイルのパスとします。下記2行は一行のコマンドとして記述します。

java -classpath {XALAN_HOME}\xalan.jar org.apache.xalan.xslt.Process

-in {SRC_PATH} -xsl {XSLT_PATH} -out {OUT_PATH}

具体的なコマンドの例

java -classpath C:\work\tool\xalan.jar  org.apache.xalan.xslt.Process
   -in C:\work\src\sample.xml  -xsl C:\work\xslt\sample.xsl -out C:\work\temp\out.xml
m3.gif

他のアーギュメントはこちらを参照してください。




添付ファイル: filem3.gif 874件 [詳細] filesample.xsl 1184件 [詳細] filesample.xml 1058件 [詳細] filem2.gif 824件 [詳細] filem1.gif 832件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Thu, 28 Apr 2005 10:18:08 JST (5073d)

Copyright 2005-2008. ADOS Co., Ltd. All Rights Reserved.