[ADOS] ADOS Developer's Site - XML Stadium
ADOS Company slogan - XML Total Solution

【ふ(SiteArc百科事典)】



ファイルの操作

ファイルシステムにアクセスし、ファイルを操作するには、まず FileSystemObject オブジェクトを生成します。

		var objFS;
		objFS = webPilot.createActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");

テキストファイル入出力の雛形

テキストファイルからデータを読み込んだり、テキストファイルへデータを書き込むには、OpenTextFile メソッドを使用して TextStream オブジェクトを生成し、そのメソッドやプロパティを使います。

  • JavaScript、JScript の場合(文字コードがシフトJISのケースです)
		<script language="JavaScript">
		var objFS, objTS1, objTS2, FileName1, FileName2, str;
		objFS = webPilot.createActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");

		FileName1 = "C:\\work\\input.txt";
		FileName2 = "C:\\work\\output.txt";

		objTS1 = objFS.OpenTextFile(FileName1, 1);
		objTS2 = objFS.OpenTextFile(FileName2, 2, -1);

		while (!objTS1.AtEndOfStream) {
			str = objTS1.ReadLine();

			//ここに処理(変換処理など)を加える

			objTS2.WriteLine(str);
		}

		objTS1.close();
		objTS2.close();
		</script>
  • VBScript の場合(文字コードがシフトJISのケースです)
		<script language="VBScript">
		Dim objFS, objTS1, objTS2, FileName1, FileName2, str
		set objFS = webPilot.createActiveXObject("Scripting.FileSystemObject")

		FileName1 = "C:\work\input.txt"
		FileName2 = "C:\work\output.txt"

		set objTS1 = objFS.OpenTextFile(FileName1, 1)
		set objTS2 = objFS.OpenTextFile(FileName2, 2, true)

		Do until objTS1.AtEndOfStream
			str = objTS1.ReadLine

			//ここに処理(変換処理など)を加える

			objTS2.WriteLine str
		Loop

		objTS1.close
		objTS2.close
		</script>

ファイルをコピーする

ファイルをコピーするには、CopyFile メソッドを使用します。

		var objFS;
		objFS = webPilot.createActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");

		var theDay = (new Date()).getDay();	//今日の曜日を取得する

		var SundayFile = "\\data\\Sunday.txt";
		var OtherDayFile = "\\data\\OtherDayFile.txt";
		var processFile = "\\work\\process.txt";

		if (theDay == 0) {	         //今日が日曜日だったら
			objFS.CopyFile(SundayFile, processFile);
		}
		else {
			objFS.CopyFile(OtherDayFile, processFile);
		}

ファイルを削除する

ファイルを削除するときは、削除しようとするファイルが存在するかチェックを行い、存在するときのみに DeleteFile メソッドで削除するようにします。

		var objFS;
		objFS = webPilot.createActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");

		var FileName = "\\work\\temp.txt";

		if (objFS.FileExists(FileName) != 0) {
			objFS.DeleteFile(FileName);
		}

 参照 
ダウンロードファイルの全世代削除


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Mon, 06 Mar 2006 20:55:13 JST (5107d)

Copyright 2005-2008. ADOS Co., Ltd. All Rights Reserved.