[ADOS] ADOS Developer's Site - XML Stadium
ADOS Company slogan - XML Total Solution

【高水準API】

高水準API群でも低水準API群と同様にPayloadContainerとStatusContainerを最終的には利用しますが、直接Containerを用いてやりとりするのではなくSessionオブジェクトを利用した、より高水準なオブジェクトのやりとりを行うことができます。

また、高水準API群を利用する場合、EIS側にSessionオブジェクトを格納するDBMSを用意し、メッセージはDBMS内に永続化されます。現在サポートされているDBMSはOracle(9i以上)、MySQL(5.0.3以上)、PostgreSQL(7.4以上)です。

概念図

SessionDesc.png

低水準APIのときと同様に、EIS側はHestiaとの送受信にRMI/JMSの意識をする必要はありません。またSessionオブジェクトがDBMSへ格納されていることを意識する必要もありません。EISは、SDKが提供するSessionManagerからSessionオブジェクトの取り出しを行うことになります。

Sessionステータス

Sessionオブジェクトは以下のいづれかのステータスを持ちます。状況に応じてステータスは変化します。

ステータス名説明
STATE_CREATEDセッションが作成された時点のステータスです
STATE_READY_TO_SEND_MESSAGEHestiaへのメッセージ送信待ち状態のステータスです
STATE_READY_TO_SEND_STATUSHestiaへのステータス送信待ち状態のステータスです
STATE_WAIT_STATUSHestiaからの応答ステータス待ち状態のステータスです
STATE_WAIT_MESSAGE取引先からの応答メッセージ待ち状態のステータスです
STATE_WAIT_ACCEPTANCEセッションが承諾待ち状態のステータスです
STATE_WAIT_PREPARE_RESPOND2Actionメッセージの場合の、2アクション目のメッセージ作成待ち状態のステータスです
STATE_IDLEセッションが正常に終了した時点のステータスです(メッセージ送信時) 但し、NoFを受信し別ステータスに遷移する可能性があります
STATE_FINISHEDセッションが正常に終了した時点のステータスです(メッセージ受信時)
STATE_ERROR何らかの理由によりセッションが異常終了した場合のステータスです

1Actionメッセージ送信時

下図に1Actionメッセージ送信時のアクティビティダイアグラムを示します。

OneActionInitiation.png

前提条件として、低水準APIと同様にServiceContentのvalidationはEIS側で行う必要があります。

EISは、Hestiaへ送信依頼したメッセージがどのようにハンドリングされたか、以下のセッションステータスにより知ることができます。

  • 送信したメッセージの処理に成功した(STATE_IDLE)
  • 何らかの理由により失敗した(STATE_ERROR)
  • 取引先からシグナルメッセージが戻っていない(STATE_WAIT_STATUS) *1

1Actionメッセージ受信時

下図に1Actionメッセージ受信時のアクティビティダイアグラムを示します。

OneActionRespond.png

EISは、取引先からのメッセージを以下のように処理する必要があります。

  • ステータスが受け入れ待ち(STATE_WAIT_ACCEPTANCE)のセッションをSessionManagerより取り出す。
  • セッションを処理し、受け入れまたは拒否する。

*1 この場合、EIS側から再送処理を行う必要はありません。Hestiaはパブリックプロセスで定義された再送処理を自動的に行います

添付ファイル: fileOneActionRespond.png 728件 [詳細] fileOneActionInitiation.png 704件 [詳細] fileSessionDesc.png 718件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 20 Jun 2006 13:25:27 JST (4686d)

Copyright 2005-2008. ADOS Co., Ltd. All Rights Reserved.