[ADOS] ADOS Developer's Site - XML Stadium
ADOS Company slogan - XML Total Solution

【低水準API】

低水準API群では、PayloadContainerとStatusContainerを利用しHestiaとEISのメッセージハンドリングを行います。

Hestiaに対するメッセージのポーリングはAPI関数として用意しておりますが、EIS側で定期的にポーリングを実施する必要があります。

PayloadContainerとStatusContainerの詳細についてはAPIドキュメント及びJavaObjectのハンドリングを参照してください。

1Actionメッセージ送信時

以下に1アクションメッセージ送信時のシーケンス図を示します。

OneActionInitiation.png
  • 3. トランザクションオートコミットにオフを指定した場合はコミットが必要です。
  • 5. EISより受信したメッセージがinvalidであった場合*1、JavaObject内のDUNS/TPA情報等に該当する設定がHestiaに存在しなかった場合など、取引先へ正常にメッセージが送信されないケースにおいてはこのタイミングでエラー内容を含むStatusContainerがBRIDGE.BUILD.MESSAGEとして生成されます。
  • 6-7. 何らかの理由により取引先へのメッセージ送信に失敗した場合、通常は情報種毎に定義されたメッセージ再送間隔/再送回数に従いメッセージが再送されます。その都度、メッセージ再送を示すStatusContainerがBRIDGE.REPEAT.SENDで通知されます。
  • 6. 取引先からAckを受信した場合はBRIDGE.SUCCESSが、Exceptionを受信した場合はBRIDGE.EXCEPTION.RECEIVEDが通知されます。PayloadとStatusはpipInstanceIDで関連付けすることができます。

1Actionメッセージ受信時

OneActionResponding.png
  • 4. 取引先へReceiptAcknowledgmentメッセージを送信後、EISはPayloadContainerの受信が可能となります。2. においてメッセージのバリデーションに失敗した場合(XML検証失敗/電子署名検証失敗など)は、Exceptionが取引先へ送信され*2、EISへは通知されません。*3
  • 6-7. 処理に成功した場合は成功した通知をBRIDGE.SUCCESSコードとともにHestiaへStatusContainerで通知しなければなりません。通知がなかった場合、または失敗コードが通知された場合、Hestiaは取引先へPIP0A1(NoF)の通知を試みます。*4

Status種別

種別コード用途
BRIDGE.SUCCESS成功の際に通知されます
BRIDGE.REPEAT.SENDPIPのメッセージガイドラインに定義された再送間隔、再送回数に従い再送が行われる際に通知されます
BRIDGE.BUILD.MESSAGEHestia内部エラーによりEISで作成したメッセージから送信用プロセスの生成に失敗した場合に通知されます。メッセージのバリデーションエラーもこのコードに含まれます
BRIDGE.FAILURE.PROCESSNoFが送信される際にEISに通知されます

*1 TPAの設定にてメッセージバリデーションを指定していた場合
*2 RNIFの定義に従いExceptionを取引先へ送信しないケースもあります
*3 ログへその旨出力されます
*4 TPAにてNoFを使わない設定をされている場合、NoFは通知されません。

添付ファイル: fileOneActionResponding.png 758件 [詳細] fileOneActionInitiation.png 799件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 20 Jun 2006 13:24:21 JST (4752d)

Copyright 2005-2008. ADOS Co., Ltd. All Rights Reserved.