[ADOS] ADOS Developer's Site - XML Stadium
ADOS Company slogan - XML Total Solution

【連携方式】

HestiaとEISの連携には、J2EEテクノロジであるRMI(Remote Method Invocation)を利用します。ディベロッパは低水準J2EE APIを直接実装する必要はありません。RMIの利用を意識することなくプライベートプロセスの実装に専念することが出来ます。

EISはHestia側にストアされたメッセージをポーリングすることになります。EISがポーリングを行うまでHestiaはビジネスメッセージを内部データベースに保存しますので、EISはその処理能力に応じてメッセージのハンドリングを行うことが出来ます。

figure4.png

またHestiaはEISとの連携においてトランザクションをサポートします。 SDKにてHestiaとのメッセージ送受信を行う際、オートコミットモードをOFFにした場合は、EISは自身の処理を確実に終えた後でトランザクションコミットを行う必要があります。 コミットが行われなかった場合、Hestiaは一定時間後に*1トランザクションをロールバックします。


*1 サーバオプションによりトランザクション無効化期限を設定可能

添付ファイル: filefigure5.png 476件 [詳細] filefigure4.png 751件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 20 Jun 2006 13:22:37 JST (4752d)

Copyright 2005-2008. ADOS Co., Ltd. All Rights Reserved.