[ADOS] ADOS Developer's Site - XML Stadium
ADOS Company slogan - XML Total Solution

【SDKの概要】

APIカテゴリ

Java Objectハンドリング

Hestiaはビジネスメッセージを内部的にJava Objectとして保持しています。

取引先へのビジネスメッセージの送信時にはEISはXMLからHestiaがサポートするJava Object形式へ変更することが必要となります。またメッセージ受信時には同様にJava ObjectからXML形式への変換が必要です。

Hestia SDKでは、XMLとJava Objectの相互変換、およびXMLのXPathリストよりJava Objectを構築するAPI群を提供しています。

メッセージハンドリング(低水準API)

HestiaとEISとの連携にはRMI(Remote Method Invocation)またはJMS(Java Message Service)を利用します。

Hestia SDKではJ2EE APIであるRMI,JMSの複雑なAPIを隠蔽し、J2EEを意識せずHestiaとの連携が実装できるAPI群を提供しています。

セッションハンドリング(高水準API)

簡易EISであるHestia Commanderでは、セッションという概念を用い、プライベートプロセスでのトランザクション制御を実現しています。

セッションハンドリングAPIは、Hestia Commanderで利用されているセッションをEISでも利用可能なようHestia SDKとして機能が切り出されたAPI群です。

前提条件

Hestia SDKの利用にはJava RuntimeとしてJ2SE5(1.5.0_06以降)が必要となります。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Tue, 20 Jun 2006 13:21:16 JST (4752d)

Copyright 2005-2008. ADOS Co., Ltd. All Rights Reserved.